読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隕石にのってやってきた!?摩訶不思議クマムシ!

ほのぼの

ーパリ某所ー


(え。ええっと。。こっちから大きなエナジー反応がするんだけど。。)


(きゃっ。。)


どんっ!


悪いクマムシ「痛てー!なにすんだよ!」


f:id:kumamushisan:20150313223940j:plain


謎のクマムシ「あ、ごめんなさい~。。よく視えていなくって。。もしかしてあなたは。。悪いクマムシさん?」


悪いクマムシ「なんで知ってんだよ!気持ち悪いな!おまえ何中だよ!?」


シロクマムシちゃん「黒いの、ちょっと静かにしなさい。」


悪いクマムシ「はい・・・」


f:id:kumamushisan:20150313223950j:plain


クマムシさん「あなた、だあれ?」


謎のクマムシ「申し遅れました。。。わたくし。。う。。占いクマムシと申します。。」


クマムシさん「占いクマムシさんっていうんだね♪わっちゃんと同じで地球にいないクマムシだよね?どうしてここへ?」


悪いクマムシ「おれをバケモノみたいにいうな。」


占いクマムシ「あ、あの。。何かに呼ばれている気がして。。気付いたら隕石に乗ってこちら(地球)へやってきていたのです。。」


「い、隕石ー!?」


(つづく?)


f:id:kumamushisan:20150313224000j:plain


・・・というわけで、占いクマムシをよろしくまむし!


f:id:kumamushisan:20150313224009j:plain
クマムシさんのお店やでー。むきゅーん。


クマムシさんのお店